Id Ws service Name Description Input Input name Output name

39

MiriamProvider

checkRegExp

IDが指定するデータタイプの正規の書式かどうかを判定する。

checkRegExpRequest

in0

checkRegExpReturn

Show
checkRegExp

39

 

MiriamProvider

 

checkRegExp

 

IDが指定するデータタイプの正規の書式かどうかを判定する。

 

checkRegExpRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

判定したいIDを設定する。

 

checkRegExpResponse

 

checkRegExpReturn

 

xsd:string

 

2

 

'ture' または 'false' (文字列)が取得できる。

 

$result = checkRegExp('P62158', 'UniProt');

 

-

 

115

WSDBFetchServerLegacy

fetchBatch

データベース名とIDを指定して、当該エントリを取得する。IDは、指定するデータベースで有効なものを指定する。取得する際のフォーマットおよび出力形式も指定することができ、省略した場合には、いずれも 'default' が指定されたものとみなされる。メソッドfetchDataのqueryがdb(データベース名)とids(ID)に分割された引数となったメソッドである。

fetchBatchRequest

db

fetchBatchReturn

Show
fetchBatch

115

 

WSDBFetchServerLegacy

 

fetchBatch

 

データベース名とIDを指定して、当該エントリを取得する。IDは、指定するデータベースで有効なものを指定する。取得する際のフォーマットおよび出力形式も指定することができ、省略した場合には、いずれも 'default' が指定されたものとみなされる。メソッドfetchDataのqueryがdb(データベース名)とids(ID)に分割された引数となったメソッドである。

 

fetchBatchRequest

 

db

 

xsd:string

 

2

 

 

データベース名を指定する。

 

fetchBatchResponse

 

fetchBatchReturn

 

xsd:string[]

 

2

 

引数で指定したフォーマット、出力形式でデータベースの当該エントリが取得できる。
該当するエントリがない場合には、空が戻される。

 

$result = fetchBatch('embl', 'BX784280', 'embl', 'default')<br/>$result = fetchBatch('embl', 'BX784280', 'emblxml', 'html')<br/>$result = fetchBatch('embl', 'AL355543', 'fasta')<br/>$result = fetchBatch('embl', 'AL355543')

 

-

 

119

WSDBFetchServerLegacy

fetchData

データベース名とIDを指定して、当該エントリを取得する。IDは、指定するデータベースで有効なものを指定する。取得する際のフォーマットおよび出力形式も指定することができ、省略した場合には、いずれも 'default' が指定されたものとみなされる。
指定できるデータベースは、メソッドgetSupportedDBsで取得できる。
指定できるフォーマットは、メソッドgetSupportedFormatsまたはgetDbFormatsで取得できる。
指定できる出力形式は、メソッドgetSupportedStylesまたはgetFormatStylesで取得できる。

fetchDataRequest

query

fetchDataReturn

Show
fetchData

119

 

WSDBFetchServerLegacy

 

fetchData

 

データベース名とIDを指定して、当該エントリを取得する。IDは、指定するデータベースで有効なものを指定する。取得する際のフォーマットおよび出力形式も指定することができ、省略した場合には、いずれも 'default' が指定されたものとみなされる。
指定できるデータベースは、メソッドgetSupportedDBsで取得できる。
指定できるフォーマットは、メソッドgetSupportedFormatsまたはgetDbFormatsで取得できる。
指定できる出力形式は、メソッドgetSupportedStylesまたはgetFormatStylesで取得できる。

 

fetchDataRequest

 

query

 

xsd:string

 

2

 

 

’データベース名:ID’の書式で指定する。

 

fetchDataResponse

 

fetchDataReturn

 

xsd:string[]

 

2

 

引数で指定したフォーマット、出力形式でデータベースの当該エントリが取得できる。
該当するエントリがない場合には、空が戻される。

 

$result = fetchData('embl:BX784280', 'embl', 'default')<br/>$result = fetchData('embl:BX784280', 'emblxml', 'html')<br/>$result = fetchData('embl:AL355543', 'fasta')<br/>$result = fetchData('embl:AL355543')

 

-

 

44

MiriamProvider

getDataEntries

データタイプ名とIDにより特定されるデータに対応するURIから実データエントリURLを取得する。

getDataEntriesRequest1

in0

getDataEntriesReturn

Show
getDataEntries

44

 

MiriamProvider

 

getDataEntries

 

データタイプ名とIDにより特定されるデータに対応するURIから実データエントリURLを取得する。

 

getDataEntriesRequest1

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名とIDにより特定されるデータに対応するURIを設定する。

 

getDataEntriesResponse

 

getDataEntriesReturn

 

impl:ArrayOf_xsd_string

 

-

 

すべての実データエントリURLが取得できる。

 

$result = getDataEntries('http:www.uniprot.org/#P62158')<br/>$result = getDataEntries('UniProt:P62158')

 

引数in0には、getURI, getURN, getURLで取得できるURIを設定することができる。

 

23

MiriamProvider

getDataEntry

データタイプ名とIDにより特定されるデータに対応するURIとデータタイプID(MIRIAMリソースID)から実データエントリURLを得る。

getDataEntryRequest

in0

getDataEntryReturn

Show
getDataEntry

23

 

MiriamProvider

 

getDataEntry

 

データタイプ名とIDにより特定されるデータに対応するURIとデータタイプID(MIRIAMリソースID)から実データエントリURLを得る。

 

getDataEntryRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名とIDにより特定されるデータに対応するURIを設定する。

 

getDataEntryResponse

 

getDataEntryReturn

 

xsd:string

 

2

 

実データエントリURL。

 

$result = getDataEntry('http://www.uniprot.org/#P62158', 'MIR:00000035')

 

常に出力が空である。

 

36

MiriamProvider

getDataResources

データタイプ名またはURIから対応する実データのトップURLを取得する。

getDataResourcesRequest

in0

getDataResourcesReturn

Show
getDataResources

36

 

MiriamProvider

 

getDataResources

 

データタイプ名またはURIから対応する実データのトップURLを取得する。

 

getDataResourcesRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名(同義語を含む)またはURIを設定する。

 

getDataResourcesResponse

 

getDataResourcesReturn

 

impl:ArrayOf_xsd_string

 

-

 

すべての実データエントリURLが取得できる。

 

$result = getDataResources('UniProt')

 

-

 

40

MiriamProvider

getDataTypeAllURIs

データタイプ名に対応するすべてのURI(URNおよびURL) を取得する。

getDataTypeAllURIsRequest

in0

getDataTypeAllURIsReturn

Show
getDataTypeAllURIs

40

 

MiriamProvider

 

getDataTypeAllURIs

 

データタイプ名に対応するすべてのURI(URNおよびURL) を取得する。

 

getDataTypeAllURIsRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名を設定する。

 

getDataTypeAllURIsResponse

 

getDataTypeAllURIsReturn

 

impl:ArrayOf_xsd_string

 

-

 

データタイプ名に対応する(deprecatedを含めた)すべてのURI(URNおよびURL) が取得できる。

 

$result = getDataTypeAllURIs('arXiv')

 

URNの登録がされているデータタイプは、arXiv, Enzyme Nomenclature, UniProtの3つである。

 

34

MiriamProvider

getDataTypeDef

データタイプの定義を取得する。

getDataTypeDefRequest

in0

getDataTypeDefReturn

Show
getDataTypeDef

34

 

MiriamProvider

 

getDataTypeDef

 

データタイプの定義を取得する。

 

getDataTypeDefRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名またはデータタイプURIを設定する。

 

getDataTypeDefResponse

 

getDataTypeDefReturn

 

xsd:string

 

2

 

データタイプの定義が取得できる。

 

$result = getDataTypeDef('arXiv')

 

-

 

26

MiriamProvider

getDataTypePattern

データタイプで用いられているIDの正規表現を取得する。

getDataTypePatternRequest

in0

getDataTypePatternReturn

Show
getDataTypePattern

26

 

MiriamProvider

 

getDataTypePattern

 

データタイプで用いられているIDの正規表現を取得する。

 

getDataTypePatternRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名、その同義語、データタイプURIのいずれかを設定する。

 

getDataTypePatternResponse

 

getDataTypePatternReturn

 

xsd:string

 

2

 

IDの正規表現が取得できる。

 

$result = getDataTypePattern('arXiv')

 

-

 

43

MiriamProvider

getDataTypeSynonyms

データタイプ名の同義語を取得する。

getDataTypeSynonymsRequest

in0

getDataTypeSynonymsReturn

Show
getDataTypeSynonyms

43

 

MiriamProvider

 

getDataTypeSynonyms

 

データタイプ名の同義語を取得する。

 

getDataTypeSynonymsRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名またはその同義語を設定する。

 

getDataTypeSynonymsResponse

 

getDataTypeSynonymsReturn

 

impl:ArrayOf_xsd_string

 

-

 

MIRIAMに登録されているすべての同義語(データタイプ名を含む)が取得できる。

 

$result = getDataTypeSynonym('Enzyme Nomenclature')

 

-

 

24

MiriamProvider

getDataTypeURI

データタイプ名に対応するURIを指定したタイプ(URNまたはURL) で取得する。

getDataTypeURIRequest

in0

getDataTypeURIReturn

Show
getDataTypeURI

24

 

MiriamProvider

 

getDataTypeURI

 

データタイプ名に対応するURIを指定したタイプ(URNまたはURL) で取得する。

 

getDataTypeURIRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名を設定する。

 

getDataTypeURIResponse

 

getDataTypeURIReturn

 

xsd:string

 

2

 

データタイプ名に対応するURIを指定したタイプ(URNまたはURL) で取得できる。

 

$result = getDataTypeURI('arXiv', 'URN'))

 

URNの登録がされているデータタイプは、arXiv, Enzyme Nomenclature, UniProtの3つである。

 

37

MiriamProvider

getDataTypeURIs

データタイプ名に対応するすべてのURIを指定したタイプ(URNまたはURL) で取得する。

getDataTypeURIsRequest

in0

getDataTypeURIsReturn

Show
getDataTypeURIs

37

 

MiriamProvider

 

getDataTypeURIs

 

データタイプ名に対応するすべてのURIを指定したタイプ(URNまたはURL) で取得する。

 

getDataTypeURIsRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名を設定する。

 

getDataTypeURIsResponse

 

getDataTypeURIsReturn

 

impl:ArrayOf_xsd_string

 

-

 

データタイプ名に対応する(deprecatedを含めた)すべてのURIを指定したタイプ(URNまたはURL) で取得できる。

 

$result = getDataTypeURIs('arXiv', 'URL')

 

URNの登録がされているデータタイプは、arXiv, Enzyme Nomenclature, UniProtの3つである。

 

31

MiriamProvider

getDataTypeURL

データタイプ名に対応するURL を取得する。

getDataTypeURLRequest

in0

getDataTypeURLReturn

Show
getDataTypeURL

31

 

MiriamProvider

 

getDataTypeURL

 

データタイプ名に対応するURL を取得する。

 

getDataTypeURLRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名を設定する。

 

getDataTypeURLResponse

 

getDataTypeURLReturn

 

xsd:string

 

2

 

データタイプ名に対応するURLが取得できる。

 

$result = getDataTypeURL('arXiv')

 

-

 

29

MiriamProvider

getDataTypeURLs

データタイプ名に対応するすべてのURL を取得する。

getDataTypeURLsRequest

in0

getDataTypeURLsReturn

Show
getDataTypeURLs

29

 

MiriamProvider

 

getDataTypeURLs

 

データタイプ名に対応するすべてのURL を取得する。

 

getDataTypeURLsRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名を設定する。

 

getDataTypeURLsResponse

 

getDataTypeURLsReturn

 

impl:ArrayOf_xsd_string

 

-

 

データタイプ名に対応する(deprecatedを含めた)すべてのURLが取得できる。

 

$result = getDataTypeURLs('arXiv')

 

-

 

38

MiriamProvider

getDataTypeURN

データタイプ名に対応するURN を取得する。

getDataTypeURNRequest

in0

getDataTypeURNReturn

Show
getDataTypeURN

38

 

MiriamProvider

 

getDataTypeURN

 

データタイプ名に対応するURN を取得する。

 

getDataTypeURNRequest

 

in0

 

xsd:string

 

2

 

 

データタイプ名またはその同義語を設定する。

 

getDataTypeURNResponse

 

getDataTypeURNReturn

 

xsd:string

 

2

 

データタイプ名に対応するURNが取得できる。

 

$result = getDataTypeURN('arXiv')

 

URNの登録がされているデータタイプは、arXiv, Enzyme Nomenclature, UniProtの3つである。