第3回研究運営委員会作業部会分科会【立体構造・植物、人材育成関係機関】

2010年2月2日

 

第3回研究運営委員会作業部会分科会【立体構造・植物、人材育成関係機関】

 

議事要旨
議事次第
資料1-1_統合DBプロジェクト 平成22年度業務計画の作成等について
資料1-2_統合DBプロジェクト 平成22年度業務計画の評価依頼について
資料1-3_平成22年度業務計画等策定スケジュール
資料1-4_平成22年度各機関の業務計画と委託費用内訳
資料2_統合データベースプロジェクト成果目標と進捗状況(平成21年度)
資料3_中核機関DBCLSの成果と統合検索への展開
資料4_理研の目標植物オミックス情報および蛋白質構造情報をモデルケースにして理研DB群統合化の流れをつくり、データの標準化と共有化を推進
資料4_参考1_理研のデータベース構築基盤の公開基準をセマンティックウェブに統一- ライフサイエンスネットワーキングシステム(理研サイネス)の運用を開始 -
資料4_参考2_世界最大級のタンパク質結晶構造解析実験データベースを公開-90 万件の結晶化条件などを整備した実験データ群が利用可能に-
資料4_参考3_世界の研究者が協調し、マウス表現型データ共有化に着手-マウス情報の次世代標準規格確立に向けた国際協力がスタート-
資料4_参考4_PosMed-plus: An Intelligent Search Engine that Inferentially Integrates Cross-Species Information Resources for Molecular Breeding of Plants
資料4_参考5_PosMed (Positional Medline): prioritizing genes with an artificial neural network comprising medical documents to accelerate positional cloning
資料4_参考6_OmicBrowse: a Flash-based high-performance graphics interface for genomic resources
資料4_参考7_ウェブであなたも植物のゲノム設計に挑戦!
資料5_生体分子の熱力学データと構造データの統合
資料6_バイオDBサーバー構築演習(東大)
資料7_高度DB利用者の養成(お茶の水女子大学)
資料8_アノテータ・キュレータの教育(長浜バイオ大)